カラコン安全

MENU

初めてカラコンを使う方へ

初めてカラコンを使う方は、カラコンの性質や注意点を知っていたほうが良いかもしれません。ここでは、カラコンを選ぶ際の注意点などを紹介したいと思います。まず、カラコンを初めて使う方は、処方箋がいらないというお手軽なウェブ上のカラコンには手を出さないほうがよいかも。しっかりとまずは眼科で目のチェックをしてもらい、その上で眼科のお勧めカラコンを選んだほうが安心できますよね。もちろん、ウェブサイトで購入できるカラコンだって、安全なものは安全ですが、初心者ということでまずはプロに選んでもらうのが一番かと思います。また、目の病気にかかりたくなかったら、しっかりとカラコン着用上の注意点、着用期間、着用時間などを厳守したいものです。

カラコンは安全??初めてカラコンを使う方への注意点記事一覧

 

カラコン初心者の方や、コンタクト初心者の方は一番気になるのが、カラコンを目に入れても痛くないのかどうかということではないでしょうか?ほとんどのカラコンは、ソフトコンタクトレンズなので目に入れてしまえばすぐに慣れます。痛いというよりは、入れた瞬間は目がごろごろする感じがするのではないでしょうか?私がカラコンを使う際には、目に入れる前にまずは目に目薬を差し、潤わせます。そしてカラコンを入れた後も、目薬...

 
 

カラコンって、目に悪いっていう話をよく聞きませんか?というのもカラコンは、普通のコンタクトではなくて色素を入れるので、よくサンドイッチ製法と呼ばれる方法で作られています。サンドイッチ製法というのは、カラコンのレンズを2枚重ねにし、そのレンズとレンズの間に色素を入れることで、目には直接色素が触れることの内容に安全性を考慮されて考え出された製法なのですが、2枚重ねというわけで酸素がなかなか目に届きにく...

 
 

カラコンをこれから始めて装着してみるという方は、カラコンのデメリットについても知っておきたいですよね。カラコンのデメリットとしてまず1番に挙げられるのが、目に酸素が届きにくく、普通のカラコンを使うよりも目には負担がかかってしまうことです。それなので、カラコンの説明書などに書かれている注意書きのカラコン装着時間は厳守し、間違ってもカラコンをつけたまま寝てしまったり、カラコンのケアを怠ったりしないよう...

 
 

「クラブやデートなど、夜のイベントに出かけて疲れた後、うっかりカラコンを取らずに寝てしまった…」そんな時は、まずは気が付いた時点でコンタクト専用の目薬や人工涙液を使い、十分瞬きしたうえで目に潤いを与え、カラコンを取るようにしましょう。焦って無理やりはがそうとすると、角膜の表面まで一緒にはがれてしまい、目を傷めてしまいます。通常、起きている間は瞬きに伴って涙が出て、コンタクトはその涙の上に浮かんでい...

 
 

カラコンは、最近はメイクの一部、と捉えている人も多いようですね。一時は「カラコン=ギャル」というイメージでしたが、カラコンは実はナチュラルメイク派の強い味方でもあります。ばっちりアイメイクをしなくとも、自然に瞳を大きく見せてくれるので、「厚化粧は職場的にNGだけど、瞳の印象を強くしたい…」と思う人や、目周りが敏感肌でこってりメイクは避けたいという人にも、カラコンはお勧めです。さて、カラコンを職場で...

 
 

カラコンの洗浄液は、ドラックストアなどで市販されているコンタクト用洗浄液を普通に使用すれば問題ありません。ただし、ワンデー以外のカラコンの場合は、どのような洗浄液を使ってもよい代わりに、毎日きちんと洗浄する必要があります。人間の目にはたんぱく質などの汚れが付着しています。カラコンを着けた後、洗浄せずに放置していると雑菌が増殖し、次につけた時に眼病を発症してしまうことがあるのです。「カラコンはイベン...