カラコンのDIA

MENU

DIAって何?

カラコンを選ぶとき、商品説明に「DIA」という言葉が出てきますが、これって何?

 

と思う人も多いのではないでしょうか。
DIAは、一言で言えばカラコンの着色部分の直径を表す単位です。

 

標準的には13.8mm〜14.4mm前後のものが多いですが、最近のカラコンでは「デカ目」「盛り目」が流行っているため、中には15mmなんて商品も!

 

ちなみに、着色部分の大きさを表すもう一つの単位として「着色直径」という言葉があります。

 

DIAがカーブしていない部分(レンズを平らな所に置くとしたら、下になる部分)の直径を表すのに対し、着色直径はカーブした部分をもし平たくしたらこの直径になる、というものなので、DIAよりも大きな数値になります。

 

このため、カラコンの着色部分の大きさを比較するときは、DIAか着色直径、どちらかに数値を統一して調べると良いでしょう。
ちなみに、最近はほとんどの場合DIAで比較するようです。